グランジェってどんなブランド?《2018最新版》良い口コミから悪い口コミまで徹底レポート!特集

グランジェってどんなブランド?《2018最新版》良い口コミから悪い口コミまで徹底レポート!

グランジェは、2014年に発売されたハイエンドネイルブランド。最高級ブランドだけあってカラーのセンスは抜群!コアなファンが多く独自の世界観が魅力です。単価が高いので、単色塗り用のセカンドブランドとしておすすめ♡
*スコアは編集部の体感によるものです。

ツイッターのアイコンツイート 716 View

GRANJE(グランジェ)

編集部オススメ度

グランジェが選ばれる3つの理由

  • ① カラーのセンス抜群!単色でおしゃれネイルが完成!
  • ② 初心者にうれしい!ノンワイプで失敗しらず♪
  • ③ 爪を削らない!ノンサンディングがうれしい♡

グランジェの良い口コミは?

カラーのセンス抜群!単色でおしゃれネイルが完成!

グランジェのカラーはセンスが抜群!単色でも映えるトレンドカラーがたくさんあります。シンプルだけどおしゃれなデザインを求めているあなたに、ピッタリのブランドです♡

初心者にうれしい「ノンワイプ」で失敗知らず!

参照サイト:jellynail.net

トップジェルは珍しいノンワイプタイプ。ふつうトップジェルを塗って固めたあと、ワイプを使って未硬化ジェルを拭き取る必要があります。グランジェさんのトップジェルは拭き取り不要のノンワイプタイプ。道具と工程が少なく済むので助かりますね♪初心者でも簡単キレイに仕上がります♡

爪を削らない!ノンサンディングがうれしい♡

参照サイト:jellynail.net

グランジェさんのベースジェルは爪をけずらないノンサンディングタイプ。爪を削ると爪が薄くなるばかりか、グリーンネイルの原因になったりすることがあります。せっかくジェルネイルをするなら、爪も大切にしたいですよね。できるだけノンサンディングのブランドを選ぶようにしましょう♪

グランジェの悪い口コミは?

グランジェの悪い口コミは「発色があんまり、何回も塗らないと...」「ライトがペン型しかない」の2つです。詳しく見ていきましょう。

発色があんまりだと単色以外は難しい?

ジェルポリッシュ系全てに言えることですが、あまり発色はよくありません。それは顔料を多くすると、ハケの方が負けてしまうからです。グランジェさんは、ハケの塗りやすさと繊細なカラーを同時に表現するために、発色を諦めているのかもしれません。

発色があんまりの場合、何度も重ねて塗ることになります。初心者ですと失敗する可能性が高くなります。合わせてカラージェルの使用量も増えるので、もともとカラージェルの価格が高め(3,240円)のグランジェさんを選ぶ場合は、お財布と相談です。単色塗りだけに使用すれば塗りミスを抑えることができると思います。

ペン型ライトは使いにくい?

ペン型ライトは「1本ずつ硬化するタイプのライト」になります。超初心者の時は、1本ずつ塗って硬化するとほうがきれいに仕上がります。ただし慣れてくるとまとめて塗れるようになるので、物足りなくなるかもしれません。W数は0.37ミリワットの省エネタイプなので、ペン型ライトの中では最も電池が長持ちします。メインのライトではなくサブとして使うのならアリだと思います。デザインもオシャレです♡

ジェルネイル選びのポイントをおさらい

グランジェのスペック早見表

発色 発色はかなり弱め。3~4度塗りが必要かも
ツヤ ノンワイプで簡単キレイ!
カラーのセンス 最先端のトレンドカラーがいっぱい♡
塗りやすさ 柔らかめなので単色のみならOK
爪への優しさ 爪を削らないノンサンディングが良し
ライトの品質 おしゃれだけどペン型なのが惜しい
サポート オンライン対応

ジェルポリッシュセット(GRANJE)

  • リリース:2014年(日本製)
  • キット価格:¥18,360
  • 選べるカラージェル:2色
  • 購入場所:ECサイト、百貨店
  • ポイント:5%

販売サイトは
こちら
ランキングに
戻る

他の記事もチェックしてみる♡