ジェルネイルキット選びでお悩み中の方へ!ジェルネイルキット選びの5つのポイント特集

ジェルネイルキット選びでお悩み中の方へ!ジェルネイルキット選びの5つのポイント

セルフジェルネイルを始めるには《ジェルネイルキット》が必要!今ではたくさんのブランドから販売されています。 ここでお悩みなのが「どれを選べばいいか初心者にはよく分からない…」ってこと。せっかくはじめるのならキット選びで失敗したくないところ。今回は「自分にピッタリのジェルネイルキットを選ぶ5つのポイント」をわかりやすくご紹介します♪

ツイート 2468 View

ジェルネイルキットってどう選べばいいの?

まずは基本的な選び方をマスターしましょう!最低限押さえておきたいポイントは以下の5つです♪

カラージェルで選ぶ
トップジェルで選ぶ
ベースジェルで選ぶ
ライトで選ぶ
サービス・サポートで選ぶ

ではそれぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう♪



1. カラージェルで選ぶ

参照サイト:jellynail.net

カラージェルで選ぶときのポイントは「発色、カラーのセンス、テクスチャー」をチェックしましょう。

発色の良さでコスパが変わる?

発色がいいと、何度も塗り直さないくても大丈夫。これは結構重要で、「何度も塗らないからミスしにくい」「早く完成するので楽」「ジェルの節約になるのでコスパ◎」と良いことずくめなんです!

カラーのセンスはマスト!

これはもうコスメなので当たり前というか。可愛くない色は塗りたくないですよね。上級者は自分で混ぜて調整することができますが、初心者のうちは、最初から可愛いカラーを選ぶのがおすすめです。カラバリが多いブランドを選ぶのも◎

テクスチャーはなぜ大切なの?

テクスチャーが柔らかすぎると、塗ってるうちに垂れてくるので、手際よく作業しないと失敗します。なので初心者にはあまりむきません。一番厄介なパターンが、テクスチャーがカラーごとにバラバラで、買ってみないとわからないブランド。かなり上級者向けなので買う時は覚悟しましょう。



2. トップジェルで選ぶ

参照サイト:jellynail.net

トップジェルで選ぶときのポイントは「ツヤ、ノンワイプ」をチェックしましょう。

トップは「ツヤ」が命です♡

トップジェルは全部透明だと思ってませんか?ブランドによっては、黄色がかかったりや青白かったりなど、完全な透明でないことがよくあります!そういうブランドを選ぶとクリア感がいまいちに・・・。精製度の高いクリアなトップジェルを選びましょう!

ノンワイプのものを選びましょう!

実は、初心者が一番ミスしやすいのは、カラーを塗るときではなく、トップジェルを拭き取る(ワイプ)時ってご存知ですか?拭き取り(ワイプ)をミスするとせっかく塗ったジェルの輝きが曇ってしまって、またいちからやり直しってことも・・・上手に拭き取り(ワイプ)するのは意外と難しいので、初心者の方や不器用さんにはノンワイプタイプをおすすめします。



3. ベースジェルで選ぶ

ベースジェルで選ぶときのポイントは「もち、ノンサンディング」をチェックしましょう。

ベースは適度なもちを目安に

せっかく頑張って塗ったのに一週間でとれて残念・・・。逆にくっつきすぎてオフが大変・・・。もちって難しいですよね!編集部のおすすめは3週間もつベースを選ぶこと。個人差はありますが、3週間たつと爪が伸びてきて、デザインが崩れてきます。そのタイミングでオフしやすいブランドを選ぶと、オフが簡単で爪に優しく、可愛いデザインを続けることができますよー♪

ノンサンディングはマスト♪

爪を削ると回復に時間がかかります。また削った隙間に菌が入り込んで、グリーンネイル・・・なんてことも。必ずノンサンディングのものを選びましょう!ちなみに「ノンサンディングは酸で爪を溶かす」という間違った情報が流れていますが、ジェルネイルはUVレジンの一種ですので、爪を溶かすことはありません。最新のジェルが昔のジェルに比べて密着力が上がったので、爪を削って表面積を増やさなくても、長期間密着できるようになっただけです。どうしても気になる方は、低刺激のジェルブランド(ジェリーネイル)から選んでみては?



4. ライトで選ぶ

参照サイト:jellynail.net

ライトで選ぶときのポイントは「適度なワット数、チップ型LED、業界標準」をチェックしましょう。

ワット数は6~8wのものがベスト!

意外かもしれませんが、ワット数が大きすぎるライトは避けたほうが良いです。強すぎると、ジェルの表面だけ固まって中が半熟になります。(剥がれる原因や爪を傷める原因になります)薄塗りしてもムラにならない技術をもったプロのみが扱える商品です。またジェルを固める際に「硬化熱」がでます。いきなり強いライトを当てると火傷の可能性があるの注意。おすすめは「6W〜8W」。10W以上のものは強すぎるので避けましょう。

チップ型LEDがおすすめ☆

LEDネイルライトには「砲弾型」と「チップ型」があります。従来の砲弾型のLEDライトは壊れやすくおすすめしません。最新のチップ型LEDライトがおすすめです。

業界標準405nmを選ぶとコスパ◎

基本的に国産メーカー(目安:1,000円以上の国産メーカー)のジェルは405nmの光で固まるように作られていますので、業界標準405nmのライトを一個もっておけば、どのメーカーのジェルも固まるので、無駄がなくとっても経済的です♪



5. サービス・サポートで選ぶ

参照サイト:jellynail.net

サービス・サポートで選ぶときのポイントは「リアル店舗、ワークショップ・セミナー」をチェックしましょう。

店舗があるお店がGOOD♡

ネット通販しかやってないお店だと、爪のトラブルになった時が大変です。大概何もしてくれません。ブランドを選ぶ時はお店があるかどうかちゃんとチェックしましょう♪直営店があるとなお良し!

ワークショップやセミナーに参加してみては?

ブランドによってはワークショップやセミナーを開催している事があります。是非一度参加してみましょう。動画や説明書よりも、直接教えてもらったほうがはやく上手になるのでおすすめです☆ワークショップやセミナーは、無料のものと有料のものがあるのでご注意を。



まとめ

いかがでしょうか?各ポイントをもう一度おさらいしますね♪

✔ カラージェルは「発色、カラーのセンス、テクスチャー」
✔ トップジェルは「ツヤ、ノンワイプ」
✔ ベースジェルは「もち、ノンサンディング」
✔ ライトは「適度なワット数、チップ型LED、業界標準」
✔ サービスは「リアル店舗、ワークショップ・セミナー」

価格や見た目、ネットの口コミだけでなく、自分にあったブランドを選ぶのが、ジェルネイルキット選びの大切なポイントです。編集部おすすめブランドをまとめた「ジェルネイルキット完全ガイド《2018》 厳選セルフ5大ブランドを徹底レポート」もぜひご覧ください。

他の記事もチェックしてみる♡