雑貨品のジェルは危険なの?化粧品ジェルと雑貨品ジェルの違いとは?特集

雑貨品のジェルは危険なの?化粧品ジェルと雑貨品ジェルの違いとは?

ジェルネイルもセルフでやる時代になり、今やあちこちでジェルネイルは販売されていますが、実は『化粧品ジェル』と『雑貨品ジェル』の2種類あることはご存知ですか?ジェルネイルを安全に楽しんでいただくために知っておいて欲しい『化粧品と雑貨品では何が違うのか?』について説明します。

ツイッターのアイコンツイート 23592 View

化粧品ジェルってどんなジェル?

化粧品としての認可を受けて販売されているジェルネイルには、商品に必ず『爪化粧料』と記載されています。 商品のどこを探しても『爪化粧料』の記載がない商品は雑貨品です。

化粧品として認可を受けるためには様々な基準をクリアしていることが必要です。 具体的にどういった基準があるのかを順にご説明します。

製造業許可を持つメーカーが製造

化粧品はどこでも作れるわけではなく、設備・衛生環境などの基準を満たし、国から製造業許可を得たメーカーが製造しなければなりません。

化粧品基準を満たした原料を使用

化粧品は人体に使うことが前提ですので、人体に悪い影響のある危険な成分の配合が禁止されています。 そのため使用していい原料が『化粧品基準』として厳格に定められており、それに適合した成分のみを原料として使用しなければなりません。

そこで化粧品工業連合会が使用可能な成分を『化粧品の成分表示名称リスト』として記載しており、その記載の原料のみを使用することとしています。

全成分の表示

指定の原材料を使用するだけでなく、その中身に使われている全成分を商品の外装パッケージや冊子などに表示しなければならず、その記載名称も原則として化粧品工業連合会のリストの記載名称で表示する必要があります。

製造販売元の表示

当たり前と思われるかもしれませんが、化粧品で販売するためには製造販売元の表示が必要です。

何かトラブルがあった場合は製造元や販売元に問い合わせすることができますが、雑貨品の場合は記載義務がないので製造元の表示すらないものがありますので意外と重要なポイントです。

雑貨品ジェルってどんなジェル?

雑貨品ジェルはどのようなものかと言うと、ご紹介した化粧品として販売するための基準を一つでもクリアしていない項目があればすべて雑貨品の扱いになります。
そして、どの基準をクリアしていないのかはわかりません。

例えば、製造認可を持ってはいないけれどもきちんとした設備・環境で許可された原料だけを使い、原材料や製造販売元の表記をしている言わば『化粧品ジェル』と変わらない品質のジェルも『雑貨品ジェル』になりますし、どこが作っているのか、何が入っているのはもわからないレベルのジェルも『雑貨品ジェル』です。

化粧品登録されていない『雑貨品ジェル』はそもそも法律(薬機法)上、人体(ネイル・爪)に塗る目的で販売、説明することができません。

そのため、つけ爪用や人工爪用として販売されていますが、明らかに化粧品としてのジェルネイルと同様の用法のような商品紹介(広告)をしているものもありますので、購入前に化粧品なのか雑貨品なのか気をつけて見ないと化粧品ジェルだと勘違いしてしまうこともあるので注意しましょう。

また、何かしら人体に有害な物質が検出されてもあくまでも『付け爪用加工品』だから問題ないとのメーカーの逃げ道を作っているとも考えられます。

『雑貨品ジェル』は使用されないことを強く推奨しますが、それでもご使用される際はリスクを認識した上で自己責任で使用しましょう。特に地爪に直接塗るベースジェルは化粧品登録されているジェルを選ぶことをおすすめします。

つけ爪用として販売している以上、自爪に使用して何かトラブルが起きたとしても文句は言えません。

ファッション×ネイルの最新情報を
SNSでチェック♥