これでダメならセルフジェルネイルは無理?セルフネイラーの為に作られたジェルブランドとは。特集

これでダメならセルフジェルネイルは無理?セルフネイラーの為に作られたジェルブランドとは。

セルフジェルネイルに興味はあるけれど、実際に始めるとなるとやっぱり不安。そんな思いでなかなかセルフジェルネイルに一歩踏み出せない方はたくさんいると思います。ですが、そんなジェルネイルに対する不安をすべて解決してくれるセルフネイラーの為に作られたジェルネイルブランドがあるのをご存知ですか?

ツイッターのアイコンツイート 11655 View

まずはジェルネイル選びの6つのポイントを知ろう!

『ジェルネイルキットはどうやって選べば良いの?』

セルフジェルネイルを始める前に、まずは比較のための6つのポイントを必ずチェックしましょう!

セルフジェルネイルに不安を感じる3つの理由って?

???

セルフジェルネイルに興味はあるけどやっていない理由は?
その原因をアンケートした結果をまとめると、だいたい以下のようなお答えが寄せられました。

  • ① 自分で上手にできる自信がない
  • ② セルフジェルは爪を痛めてしまいそうで怖い
  • ③ 教えてくれる人がいないしネットではよくわからない


もしあなたがセルフジェルネイルに興味はあるけど躊躇している方だとすれば、この中のどれかが理由ではないでしょうか?もしそうだとすれば、これらの不安をすべて解決してくれるジェルネイルブランドがあれば、思い切って始めてみる気にはなりませんか?

ネイルニスタ編集部ではこれまでにたくさんのジェルネイルブランドを実際に使用し、人気ブランドのジェルネイルキットを比較してご紹介してきました。その中でセルフネイラーの為に作られ、セルフジェルネイルの悩みをすべて解決する唯一のブランド、Jelly Nail(ジェリーネイル)をご紹介。

他のブランドといったいどこが違うのか?なぜセルフジェルネイルへの不安をすべて解決できるブランドなのか?

セルフジェルネイルブランドとして口コミ人気No.1の理由を順にご説明します。

① 不器用だから上手にできそうにないとお悩みの方へ

『セルフでやっても不器用な自分がきれいに塗れるわけない。』『セルフは長持ちしないんでしょ?』『サロンみたいなうるつやネイルにできる気がしない』そう思っていませんか?

確かにこれまでセルフジェルネイルに挫折した方はたくさんいました。しかし、そんなセルフネイラーたちの悩みを解決するべく誕生したセルフネイラーのためのジェルネイルブランドがジェリーネイルなんです。

なぜセルフジェルネイルが上手にできないの?

セルフジェルネイル上手にできない(できる気がしない)とお悩みの方のほとんどはこの4つの理由。

・色ムラができて上手に塗れない
・サンディングがうまくできない
・ワイプ(未硬化ジェルの拭取り)に失敗してジェルが曇る
・長持ちしない(すぐに剥がれる)

これらすべてを解決します。

発色がいいからムラになりにくい

色ムラが出やすいのはカラージェルの発色の悪さとジェルの硬さ(テクスチャー)が原因。
その点、ジェリーネイルは他の多くブランドに比べて発色がバツグン。ただ発色がいいだけでなく、高級な国産の顔料を使用しているため、色合いにも奥行きがありとてもきれいな色彩なうえ、テクスチャーも塗りやすい硬さに統一されていて色ごとの硬さの違いが少なく不器用な方でもとても扱いやすいジェルになっています。

しかも硬さや発色のタイプにも種類があり、自分やりやすい硬さや、やりたいデザインに合わせたカラージェルを選ぶことができ、セルフでもできるアートの幅が広がります。

詳しくはカラージェルの発色について比較したこちらの記事も参考にしてみてください。

拭取りいらずでサロン級のうるつやネイル

セルフジェルネイルだと、サロンに比べてなんだかツヤがない。そうなってしまうのはワイプのミスとトップジェルの透明度の2つが原因です。

ワイプとはトップジェルの硬化後に残る未硬化ジェルの拭取り作業のこと。
この工程は意外と難しく、きれいに拭取らないとジェルが曇ってしまい、ツヤのない残念な仕上がりになってしまいます。
しかもワイプを失敗して曇らせてしまうと修正は出来ませんので、ジェルネイルを最初からやり直す羽目になってしまいます。

それを解決するために未硬化ジェルの出ない完全硬化のノンワイプトップジェルを採用。ワイプの作業が必要ありませんので失敗知らずでうるつやのジェルネイルに仕上がります。
しかし、ノンワイプジェルならどれでもうるつやに仕上がるのか?と言うと、そうではありません。

トップジェルの中には黄ばみがあったり、青みがかっていたりと、透明度の悪いものがあり、格安ブランドのノンワイプトップジェルには特にその傾向が強いです。当然ジェル自体が透明でないと、仕上がりも劣化してしまいます。

その点も純国産の高品質なトップジェルで透明度の高いジェルだから安心。
塗って固めるだけで誰でも簡単に、みずみずしいツヤのある美しいジェルネイルに仕上がります。

最新のノンサンディングジェルは密着度が高く長持ち

従来のサンディングが必要なベースジェルの持ちを大きく左右していたのが爪のサンディングの技術。
ベースジェルは爪を削って(サンディングして)、その傷つけた爪に浸透することで爪に密着しますが、サンディングが弱いとしっかり浸透せずに密着が弱く、逆にサンディングをしすぎると爪が痛むだけでなく爪の強度が弱くなりジェルが剥がれやすくなります。

つまり、爪へのダメージを最小限にしつつ、ジェルがしっかり密着するようにサンディングするには技術と経験が必要です。ジェルネイルをサロンでやっているのに爪がペラペラになってしまったなんてことを耳にしたり経験したりした方も多いのでは?

それくらいサンディングはプロのネイリストでも実は難しい技術なのです。

そんな難しいサンディングをする必要がないノンサンディングベースを採用。
もちろんベースジェルも純国産の高品質ジェル。最新の密着方式を採用した弱酸性のノンサンディングジェルで爪を削らなくても持ちの良さを実現しています。

難しい・面倒な工程は必要なし♪

操作性の良い塗りやすいテクスチャー。カラージェルは発色が良くて美しい。爪を削らない最新のノンサンディングジェルは密着度が高く長持ち。透明度が高いクリアなトップジェルは拭き取り不要。塗って硬化するだけでうるつやネイルに仕上がり、美しい艶がオフする時まで続きます。つまり、多くのセルフネイラーが失敗する難しい工程も、うまくできるにしても面倒な作業も必要なく、簡単にセルフでできるように作られています。

いかがでしょうか?これなら初心者でも不器用さんでも失敗せずにジェルネイルができると思いませんか?

実際にジェルネイル初心者がジェリーネイルを使ってみたレポート記事も参考にしてみてください。

初心者におすすめのジェルネイルキットランキング

② セルフだと爪を痛めてしまいそうと心配な方へ

ジェルネイルを爪を痛めやすいから、プロのネイリストにサロンでやってもらわないと心配。セルフだと爪を痛めてしまう。そう思っている方も多いのでは?

ジェルネイルで爪を痛める大きな原因はこちらの3つ

・サンディングで爪が痛む
・強酸性のベースジェルやプライマーが爪を溶かす
・オフで爪が痛む

これらもすべて解決しています!

爪に優しいジェルネイル

原料から製造まですべて日本製の純国産ブランドの化粧品登録済のジェルネイル。

ベースジェルには先述の通りノンサンディングベースを採用しており爪を削る必要がありません。
ノンサンディングベースの中には強酸性のジェルで、爪を溶かして密着するタイプのものも多くありますが、爪を溶かさずに爪に密着する最新の弱酸性ノンサンディングベースなので爪を溶かす心配もありません。

また、弱酸性ベースジェルはオフがやりやすいところも特徴。アセトンに反応しやすくオフも時短で楽にできますのでオフで爪を痛める心配も軽減してくれます。
さらにジェルネイルアレルギーの大きな原因とも言われるHEMAが入っていない点も安心。

セルフでやってもジェルネイルが爪を痛めてしまう原因を最小限になるように商品開発されたので、セルフでも爪を傷めにくく安心のブランドです。 弱酸性のジェルを調査したこちらの記事も参考にしてみてください。

ちなみにジェルネイルの中には化粧品登録されていない雑貨品メーカーも多数あり大変危険です。
ジェルネイルを購入する際は化粧品登録のあるブランドかどうか必ず確認してくださいね。

雑貨品ジェルの危険性についてはこちら

③ 教えてくれる人がいなくて不安、ネットではよくわからないという方へ

ジェリーネイル ワークショップ 画像出展:JellyNail


『ジェルネイルってどうやるの?』とネットで調べて、やり方を説明しているサイトや動画を見たことがある方はたくさんいらっしゃると思います。だけど、やり方を見ても動画をみてもいまいちよくわからない。かと言って教えてくれる人もいないし、相談できる人もいない。そんな方も多いかもしれません。

ですが、この問題も解決しています。

顧客サポートも万全だから安心

いくら簡単にきれいにできると言われても自分でできるのかやっぱり心配という方のためにサポート体制も万全に整えられています。

サポートその1:HOW TO動画を無料で公開中

パソコンのタイピング


ジェルネイルキットを購入するとジェルネイルのやり方を丁寧に説明したHOW TO BOOKがついてきますが、それだけでなく、公式サイトやYouTubeにてHOW TO動画がアップされていますので、どこでも無料でジェルネイルのやり方をチェックできます。

しかもジェルネイルの基本の塗り方だけでなく、初心者でも簡単にできる甘皮処理などの塗布前の下処理(プレパレーション)のやり方や、オフのやり方、基本のアートの描き方、ストーンやスタッズ、ネイルシールの貼り方など、セルフネイラーが知りたい知識やテクニックが盛りだくさん。

カテゴリーごとに見やすく動画が別れており、特に大事なポイントはサイト内で静止画とともに説明されていますので合わせて確認することでとてもわかりやすくなっています。

ネット検索して出てくるネイルサイトでの情報やHowTo動画では自分の使っているブランドや道具と違っていて、コツや細かいやり方が違うこともありますが、ブランドが自ら制作しているHowTo動画ですので、自分と同じ道具、やり方でレクチャーしてくれているのでその点でも安心です。

基本のやり方に加えてNail Design Bookではトレンドのデザインの紹介と施術の仕方も動画付きで続々と追加されているのもうれしいポイントです。

ジェリーネイルHowTo動画はこちら

サポートその2:カスタマーサポートに相談できる


動画を見るだけでわからないことや、セルフジェルネイルをやっていて疑問に思っていること、困ったことがあればメール相談はもちろん、フリーダイヤルにて電話相談も可能です。

当たり前のように思われるかもしれませんが、意外と問い合わせ窓口はメールでしか受け付けていないブランドも多いですし、電話での相談が可能であってもフリーダイヤルでないことがほとんど。フリーダイヤルだと電話代を気にすることなく困っていることをじっくりと相談できちゃいます。

サポートその3:コンセプトショップ代官山で体験できる

画像出展:JellyNail


他のジェルブランドとの一番の違いは、顧客サポートのためのコンセプトショップがあるところ。

例えば、実際に発色やテクスチャーを試し塗りしてから購入できたり、自分の指に似合う色を相談したり、苦手なアートのコツや、セルフネイルでの悩み相談など、動画や電話ではわからないところも、店舗にてプロのネイリストに直接相談することができます。

そして、コンセプトショップではなんとすべて無料で受けられるワークショップがお店の営業日のほとんど毎日開催されています。しかも道具も無料で貸し出してくれますので、ジェリーネイルを購入していなくてもOK!プロのネイリストに教えてもらいながらジェルネイルを体験できて、本当に自分でできるのか?を試してから購入することができます。

ネイルニスタ編集部が知る限り、使い方を教えてもらった上で、実際に自分にできるか試してから購入できる唯一のジェルネイルブランドです。
ジェルネイルキットを買っても結局うまくできなかったら道具が無駄になる。そんな不安もこれで解消ですね!

無料ワークショップは基礎だけでなくアートも無料でレッスン

ワークショップでは基本の施術だけでなく、ジェルネイルをずっと楽しんで続けられるようにアートのレッスンも無料で開催。

グラデーションやべっ甲など、いろいろなアートをレクチャーしてくれるのでどんどんジェルネイルを上達していくことができます!もちろん、アートのレッスンも購入者に限らず誰でも参加OKですので、セルフジェルネイルに挫折した方も一度ワークショップに参加してみてジェルネイルに再チャレンジしてみてくださいね♡

画像出展:JellyNail

無料ワークショップ
の詳細はこちら

《キット限定》特別キャンペーンの情報はコチラ▼
今なら人気キットが8,000円OFF!
さらに会員登録をすると
1,280ポイントがついてくる!
*キャンペーンは事前告知なく終了することがございます。

公式サイトは
こちら
詳細・口コミは
こちら

2019年最新のジェルネイルキットおすすめランキングはこちら

ファッション×ネイルの最新情報を
SNSでチェック♥