ジェルネイルシールどれがいい?SNSで話題のジェルネイルシールをブランドごとに使い比べてみましたアイテム紹介

ジェルネイルシールどれがいい?SNSで話題のジェルネイルシールをブランドごとに使い比べてみました

ぷっくりとした見た目とツヤが魅力的なジェルネイル。コロナ禍により、なかなかサロンに行けなくなったという方も多いのでは?そんな中、最近SNSで見かけるようになったのが「ジェルネイルシール」。爪に貼って固めるだけで、簡単にジェルネイルのような見た目が手に入るといいます。早速いくつかのブランドを使い比べてみました。

ツイッターのアイコンツイート 790 View

「ジェルネイルシール」とは?

「ジェルネイルシール」は、シールのように爪に貼って、専用のライトで硬化するとジェルネイルのような仕上がりに完成するというもの。

これまでのネイルシールは貼った後に「硬化する」という工程はなく、すぐに剥がれてしまったり欠けたりとモチはあまりよくありませんでした。しかし今話題のジェルネイルシールは、爪に貼った後に硬化させるため、従来のシールよりもモチが良く、爪へのフィット感やツヤ感もあるといわれています。

今回は韓国発のブランド「Ohora」「DAISHING DIVA」「ZINIPINN」「GELATO FACTORY」の4つを使ってみました。

【Ohora(オホーラ)】

ohoraジェルネイルシール

最近テレビCMなどでもよく見かける「Ohora」。韓国で人気となり、今年6月には日本公式ECサイトが開設されました。本物のジェルを60%固めた「セミキュアジェルネイル」を使い、素材が柔らかく爪にフィットしやすいようです。口コミには、モチが良いという声が多い反面、オフがやりにくいという声も見かけます。

価格   : 1,330円〜2.080円
シール枚数 : 30枚入り
付属品  : 説明書、シール、プレップパッド2個、ウッドスティック、ファイル

<使用した感想>

貼ったときの爪へのフィット感は◎。シールが柔らかいので、長さが足りない場合には伸ばして調節できます。

ただ、伸ばすと形が少し崩れてしまうので爪に合わせるのが少し難しいかも。今回はキャンペーン中だったので、無料でライトがもらえました。

残念だったのが、オフのときにシールを剥がすと爪に粘着がかなり残ったところ。ベタつきが結構あり、水ではなかなか落ちなかったので消毒用エタノールで拭き取りました。剥がした後もツルンとキレイな状態ならもっと嬉しいですね。

【DASHINGDIVA(ダッシングディバ)】

DASHINGDIVAジェルネイルシール

DASHINGDIVAは、バラエティショップでネイルチップが販売されているのをよく見かけます。公式サイトを見ると、品揃えは単色カラーがかなり充実。定番カラーから流行りのニュアンスカラーまで99種類が揃っているので、好みのものが見つかりそうです。

価格   : 1,320円〜1,870円
シール枚数 : 34枚入り
付属品  : 説明書、シール、プレップパッド2枚、ウッドスティック、ファイル

<使用した感想>

注文した翌日に手元に届きました。紫がかったブルーのデザインで、実際見ても絶妙な色合いで満足度は高いです。こちらもキャンペーン中だったので、ライトが無料でもらえました。Ohoraよりもシールの厚みがあるので、こちらのほうがジェルネイル感は感じられました。

DASHINGDIVAに関しては、オフの際に少し自爪が剥がれてしまったのがマイナスポイント。繰り返し使っていると、オフで爪が薄くなってしまいそうなので、頻繁な付け替えはしないほうが良さそうです。

【ZINIPINN(ジニピン)】

ZINIPINNジェルネイルシール

ZINIPINNは、今回試した中で最もデザイン性が優れておりオシャレなものが多かったです。クリア感のあるものやネイルホイルを使ったものなど、日本のトレンドデザインが多く取り入れられています。ただ、モチが悪いという口コミが目立ちます・・。こちらもキャンペーン中のため、ポケットライトが無料でもらえました。

価格 : 1,660円〜2,560円
シール枚数 : 24〜36枚入り
付属品  : 説明書、シール、プレップパッド2枚、ウッドスティック、ファイル

<使用した感想>

実物のデザインは想像以上の可愛さ。1つ1つが凝ったデザインで、これがシールで実現するのはとても嬉しいです。比較した中でも最も厚みがあり、ジェルネイル特有のプックリ感のある厚みを求める方はこちらがオススメです。

マイナス点としては、サイズ選び。デザインによって入っている枚数が違うようで、枚数が少ないと自分の爪に合うサイズを見つけるのが難しいかも。厚みがあるぶん、ohoraのようにシールを伸ばして調節することはできませんでした。

オフははじめが少し固めですが、ゆっくり丁寧にやるとキレイに剥がすことができました。

【GELATO FACTORY(ジェラートファクトリー)】

GELATO FACTORYジェルネイルシール

「GELATO FACTORY」は、元々あった人気商品が改良されて再登場したそう。まだ出始めたばかりなので、デザイン数はシンプル系かカラフル系の2パターンで一番少ないです。価格は比較ブランドの中で最安値。

価格   :1,290円
シール枚数:34枚入り
付属品  :説明書、シール、プレップパッド2枚、ウッドスティック、ファイル

<使用した感想>

シールの厚みは4ブランドの中で一番薄く、ohora同様にサイズが足りなければ伸ばすことができます。仕上がりは、ジェルネイルというよりポリッシュを塗ったような感じ。ジェルネイルで爪の補強も兼ねている私には、この厚みは物足りなかったです。逆に、付けている感がないというのが良い方には向いているかもしれません。

そしてジェラートファクトリーは、1日生活をしていると気づけばツヤが消えて曇ってしまいました。おそらくアルコール消毒で曇ったのかと思いますが、今のご時世アルコール消毒はよく使うので曇るのはマイナスポイントかも。。

オフは一番簡単に剥がすことができて、取った後も自爪はキレイな状態でした。

最後に

いかがでしたか?シールの貼り方やオフの仕方は、コツさえ掴んでしまえば簡単にできます。ただ、ジェルネイル特有の厚みは、ZINIPINN以外あまり感じられなかったので、厚みを求める方はネイルサロンやセルフでジェルネイルをするのが良さそう。

硬化用のライトを持っていないという方は、ブランドによってキャンペーンでライトを無料プレゼントしていたりするので、ぜひその機会にGETするのがオススメです!

ファッション×ネイルの最新情報を
SNSでチェック♥