ネイルファイルっていっぱいあるけど、どう使い分けるの?それぞれの特徴は?アイテム紹介

ネイルファイルっていっぱいあるけど、どう使い分けるの?それぞれの特徴は?

度々、記事でも登場しているネイルファイル。ジェルネイルをしている人に限らず、ネイルのケアには必要なアイテムですが、ネイルファイルってそもそも何?絶対に必要なの?いろんな種類があるけど、どれを購入すればいいの?艶出しのものとは違うの?どんな形がいいの?・・・などなど、様々なことを疑問に感じているセルフネイラーさんも多いはず。ネイルを楽しむためには意外と重要なネイルファイル。今日は詳しくご紹介したいとおもいます!

ツイッターのアイコンツイート 4656 View

ネイルファイルって何?

ネイルファイル

ネイルファイルとはネイルケアで用いられるやすりのことです。やすりを英語ではfile(ファイル)といいます。

爪の形を整えたり、補整したり、ジェルネイルや自爪に傷をつけるいわゆるサンディングに使用したりと用途は様々です。

様々な形のものがありますが、基本的なファイルは4種類。
エメリーボード・アクリルファイル・ソフトファイル・シャイナーと呼ばれ、これらをまとめた総称が(ネイル)ファイルです。

綺麗な爪を保つにはネイルファイルで爪の形を整えなけれななりません。爪切りは爪に圧をかけてしまうので二枚爪の原因になりやすく、爪が乾燥していると衝撃でヒビが入ってしまってネイルができない状態になることも。

ゆえに、適したファイルを使うことが綺麗なジェルネイルを行うポイントにもなるのです。

また、消耗品ですので、削りが悪くなってくれば新しいものに交換しましょう。

それではそれぞれのファイルの特徴と用途、正しい選び方を解説していきます。

G(グリッド)数って何?

ネイルファイルのグリッド数表示

ネイルファイルに数字が書いてあり、それもいろいろな数字が書いてあるのをご存知ですか?

この数字、実はグリッドという目の荒さを表記したもの。数が少ないほど目が荒くザラザラしていてよく削れますので、小さいグリッド数のファイルは長く伸びた爪を短くしたい時など、一気に削りたい時に使用します。

逆に数が多いと目が細かいので、爪の形を整えるときや爪の表面を磨くときなど、細かく削りたい場合に選びます。

例えば、80グリッド=粗くてよく削れるファイル、240グリッド=細かいのできれいに少しだけ削れるファイルとなります。

お手持ちのファイルを確認してみてください。100/180などの表記はありませんか?

このように2種類のグリッド数が表示されている場合は、表裏のグリッド数異なっており、その2種のグリッド数の記載となっています。

大抵のファイルは、文字が書いてある方が細かいグリッド数になりますので、100/180の場合、180がグリッド数の記載面、100がその裏側になります。
メーカーによっても異なりますので、指で触ってみてください。ザラザラのほうが100。滑らかなほうが180になります。

ファイル本体にグリッド数が入っていない商品もあります。その場合のほとんどは両面とも同じグリッド数ですが、まれに違うものもあります。
違う場合はグリッド数の違いは見た目や触り心地でわかりますので、確かめながら使いましょう。

ファイルを購入の際には必ずグリッド数を確認してから購入し、本体にグリッドの記載がない場合はあとからグリッド数がわからなくならないようにして保管してくださいね。

ファイルを選ぶ際にはグリッド数がいくつのものかを確かめて選ぶことが大事ですが、同じグリッド数でも硬い素材のファイルの方がよく削れ、柔らかい素材のファイルですと優しく削れるなど、ファイルの種類によって削れ方が変わりそれぞれの用途への向き不向きがあります。

次はファイルの種類別に特徴と用途をご説明し、セルフネイラーさんにおすすめのグリッド数をご紹介します。

エメリーボード

エメリーボード

エメリーボードは、自爪の長さを調節し、形を整えるために使われるファイルでブラックファイルとも呼ばれています。
ブラックファイルと言われることもありますが、エメリーボードの色は白のもの黒のものもあり、特に色による違いはありません。

基本的には、爪に過負荷にならないように&削る感覚がわかりやすいように薄い板になっています。

エメリーボードの側面

エメリーボードは最近ではドラックストアやコスメストアなどでも簡単に手に入れることができ、よく使いますので、何枚かセットになっているものも多いですね。

ジェルネイルを塗った時に爪のサイドラインにちょっとだけはみ出していたり、爪と皮膚の間にアクリルファイルが厚くて入らない場合にも使用したりします。

基本的にあまり硬いものを削ったりはしませんし、広範囲を削ることもしませんので、グリット数は高めのものを選びましょう!

おすすめは150/220くらいで2種類のグリッド数のもの。
150の面である程度やりたい爪の形に整形し、220の面で微調整して仕上げます。

エメリーボードの主な用途

・自爪の長さ、形の調整
・ジェルネイル後の形の微調整

基本の爪の形と作り方をチェックする!

アクリルファイル

アクリルファイル

アクリルファイルはスカルプやジェルをオフする時によく使われるファイルで、ゼブラファイルともよばれます。
三日月型やひし形が多く、いろんな方面からやすりをかけれるように設計されています。

基本的には、力が入りやすく硬いものを削るためにスポンジが入った少し分厚いファイルになっていますので、ジェルネイルのオフの際にジェルを削る際や、人工爪を削る際に使用します。

アクリルファイル側面

エメリーボードより削る力が強く、自爪へ使用すると爪を大きく傷つけてしまいますので注意してください。

一般的にセルフで使われているジェルネイル(ソフトジェル)のオフに使う場合であれば180〜200くらいのものがおすすめ。

あまり目の粗いもの(80や100など)は、オフの際のジェルを削る際、一気に削れて楽ですが慣れていないと自爪を傷つける原因になります。
それほどまでによく削れますので使用の際は注意してくださいね。

アクリルファイルの主な用途

・ジェルネイルオフ時の削り
・人工爪の長さ調整(長さ出し(スカルプ)のジェルやアクリル)
・人工爪を乗せる時の下処理(サンディング)
・人工爪の表面をオフ時に削る

ジェルネイルの正しいオフの仕方をチェックする!

ソフトファイル

スポンジバッファ

ソフトファイルはスポンジバッファー(ファイル)とも呼ばれるファイルで、基本的には厚めのスポンジに柔らかい板が入ったものです。

柔らかい素材のため、優しく削ることができるので、エメリーボードやアクリルファイルで削ったところを滑らかにしたり、爪表面を滑らかにするために使用します

バッファ側面

自爪を削らなければいけないジェルの場合に行うサンディングにも、こちらのファイルを使うことが多いです。
サンディング用のおすすめは180〜200くらいのものですが、ノンサンディングのジェルを使われている方は特にこちらのファイルは必要ありません。

ソフトファイルの主な用途

・ジェル塗布前の自爪のサンディング
・スカルプの下処理にも使われる

シャイナー

シャイナー

シャイナーはその名の通り、表面をつやつやにするために使います。

アクリルやハードジェルでスカルプチュア(スカルプ)をする際に表面磨きで使われますが、セルフジェルネイル派の方はそれほど縁がないかもしれません。

ジェルをお休みしている間爪表面がささくれ立ってしまっている時はシャイナーを使いツヤを出すことも可能ですが、細かいグリッドで優しくとはいえ、爪の表面を削ってきれいにしているものなので、使いすぎると自爪がどんどん薄くなってしまいますので使いすぎには注意してくださいね。

また、メーカーによってはシャイナーを使うまでの工程があるものもありますのでよくみて判断してください。

シャイナーは基本的にかなり細かいファイルで、グリッド数の表記がないものも多いです。

2面とも同カラー(多くはホワイト)のものと、グリーンやピンクなどの色とホワイトの2面になっているものがありますが、おすすめは2色のもの。
シャイナー裏表
グリーンなどの面は主にスカルプチャーの表面磨きなどで使われるのですが、こちらの面はとても細かい目になっています。
グリーンなどの面で磨いた後に白い面で整えると、ピカピカに仕上がりますよ

シャイナーの主な用途

・自爪や人工爪の表面研磨

ファイルは用途別に正しく使い分けを!

いかがでしたか?
一言にファイルと言ってもそれぞれに適した用途によって種類や、選ぶグリット数は様々です。

間違った使い方をすると爪を痛めてしまうこともありますので、正しく使い分けしてくださいね!

ファッション×ネイルの最新情報を
SNSでチェック♥