【ジェルネイル】ポリッシュタイプとジャータイプどっちがおすすめ?アイテム紹介

【ジェルネイル】ポリッシュタイプとジャータイプどっちがおすすめ?

セルフジェルネイルを始めたいけど、マニキュアタイプとジャータイプのどちらを選べば良いか分からない…という方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな疑問にお答えすべく、マニキュアタイプ・ジャータイプの特徴とメリット・デメリットをまとめてご紹介いたします。

ツイッターのアイコンツイート 1066 View

ジェルネイルキットを選ぶ際に、「ポリッシュタイプ」と「ジャータイプ」のどちらを選べば良いの? といった疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな疑問にお答えすべく、各タイプの特徴とメリット・デメリットをまとめてご紹介!

ジェルネイル選びの際にぜひご参考くださいね♫


ポリッシュタイプ一覧

ポリッシュタイプ(マニキュアタイプ)

ポリッシュタイプは、マニキュアと同様でキャップ蓋の内側にブラシが一体型となっているのが特徴。 ペン型のLEDライトと一緒に携帯すれば、出先でも手軽にネイルの手直しが可能です♪

ポリッシュタイプの特徴

ポリッシュタイプのメリットは?

○ 手軽に楽しめる

キャプ葢とブラシが一体型となっているので、ブラシを用意することなく手軽にネイルを楽しめます。

○ 内容量が多い

ポリッシュタイプはジャータイプに比べ、ジェルの内容量が多いので、1本で長く使用できます。

ポリッシュタイプのデメリットは?

✖️ 残りの残量が分かりにくい

外からの紫外線で硬化しないよう遮光瓶に入っている為、中身が確認できず残りの残量が分かりにくいです。

✖️ ジェルの粘度が緩い

ポリッシュタイプのジェルは全体的に粘度が緩い為、施術の際に流れないよう注意が必要です。 また、発色も薄めなので何度か重ね塗りが必要となります。

✖️ アートが手軽に楽しめない

キャプ葢とブラシが一体型となっているので、単色塗りや簡単なアートなどは問題ないが、ジェル同士を混ぜるマーブル系や細かいアートなどは難しいです。


ジャータイプの一覧

ジャータイプ(コンテナタイプ)

ジャータイプは、施術する際にジェルブラシが別途準備が必要で、コンパクトな容器に充填されているのが特徴なタイプです。

ジャータイプの特徴

ジャータイプのメリットは?

○ 粘度が幅広い種類から選べる

ジャータイプのジェルは、緩め〜硬めまで幅広い粘度のカラーが各メーカーから発売されているので、好みの粘度のジェルを選べます。

○ ネイルデザインが楽しめる

発色がくっきりしたジェルも多いので、アートブラシと組み合わせて使用すると細かいアートなども幅広く楽しめます。

○ 残りの残量が分かりやすい

ジャータイプは蓋を開けるとジェルが目視できるので、残量が一目で分かります。 また、顔料が容器の底に沈んでいてもしっかり攪拌する事が可能です。

ジャータイプのデメリットは?

✖️ 施術にはブラシが別途必要

ジャータイプを使用する際は、毎回別途ブラシを用意する必要があります。 また使い終わった後も毎回ブラシが硬まらないようにお手入れが必要です。

✖️ 内容量が少ない

ポリッシュタイプに比べ、ジェルの内容量が少ないので買い替え頻度が多いです。


ネイル施術

いかがだったでしょうか。

今回は、マニキュアタイプ・ジャータイプの特徴とメリット・デメリットをまとめてご紹介いたしました。

編集部のオススメの使用方法は、

シンプルなワンカラーのネイルを手軽に楽しみたい場合は
「ポリッシュタイプ」

こだわったデザインやパーツを使ったネイルを楽しみたい場合は
「ジャータイプ」がオススメです♫

ぜひ、ジェルネイル選びの参考にしてみてくださいね。

合わせて読みたい記事はこちら!

ファッション×ネイルの最新情報を
SNSでチェック♥